頑張れ!「Made in NIPPON」

厳選!日本製ダレスバッグ・セレクション
ダレスバッグ倶楽部:オンライン直販サイト
by HONDA-BAGS PROJECT






★ダレスバッグは「ビジネスマンの勝負カバン?」★

たまに、どこかで見かけてはいるはずですが

どこでも、ここでも見かける鞄ではありません。

しかし、数ある鞄の中でも、これほど存在感のある鞄はありません。

実は、時代の流れや流行を超えて、

古くから限られたビジネスマンに愛用され続けています。

まさにトラディショナルなビジネスバッグのひとつです。

「ダレスバッグは自分の仕事に自信と誇りを感じさせてくれる。」

何故か、愛用者の多くは、そう答えます。




国産では最も大きいダレスバッグ。

◆日本の熟技鞄逸品 AOKI-KABAN GAZA ディナリー・ダレスバッグ シリーズ◆

創業は明治時代、100年以上の伝統を持つ「青木カバン」が
”トコトンこだわり”を持って創り上げた自信のダレスバッグ。



◆素材のこだわり◆
素材は固くて厚みのある牛革ヌメを回転ドラムに入れ、
ローリングにより柔らかく揉みほぐしたもの。
素上げに近い
ナチュラル感が超魅力的。

◆モノづくりのこだわり◆
部材のひとつひとつが手作業によって裁断され、
組み合わされ、縫い合わされています。
特に鞄の縁が”
玉べり仕上げ ”となっており、
この縫製は他のメーカーではなかなかできない非常に希少な技術です。
充分な経験を積んだ職人だけに可能な
非常に繊細な作業により創り上げられています。
まさにカバン職人の”魂”が込められた逸品です。


◆デザインのこだわり◆
奇抜さに走らず、それでいて遊び心を個性的に表現した
遊び心あふれる
メイド・イン・ジャパン。


【AOKI-KABAN GAZA ディナリー超大型ダレスバッグ・ビッグモデル:AK4876】


■ 価格:68,000円(送料無料・特典付)
■ 素材:牛ヌメ革(ローリング加工)仕上げ
■ 色:黒色、チョコ色 
■ サイズ:横46cm×高さ32cm×マチ幅18cm (外形)
 ※B4ファイル収納サイズ
■ 重量:約2200g
■ 生産地:日本

<特徴>
・口が大きく開くのでモノの出し入れがしやすいデザイン。
・B4ファイルサイズがゆったり入る日本製ダレスバッグとしては最大級サイズ。
・ショルダーストラップ付き
・背面にファスナーポケットあり。
・内部は3層でファスナーポケット・ペンホルダー・カード入れ等々のポケットあり。

<アフターサービス>
原則的に、使用上の不注意によるものは以外は
お買上げから半年間は全て無料となります(往復送料も弊社で負担)。
それ以降は材料実費および送料が必要となります。




黒色もあります

◆AOKI-KABAN GAZA ディナリー超大型ダレスバッグ・ビッグモデル:AK4876◆
価格:68,000円(送料無料・特典付)


---------- ご注文はこちらからどうぞ ----------
★色の選択★をおこなってカートに入れてください。
↓↓
◆GAZA ディナリー・ダレスバッグ・ビッグモデル:AK4876・黒色◆  ⇒

◆GAZA ディナリー・ダレスバッグ・ビッグモデル:AK4876・チョコ色◆⇒


※少量生産品のため在庫切れの時は、すぐにはお届けできない場合もありますのでご了承ください。



【 特 典 】





★ダレスバッグは「持つ人を選ぶ?」★

持つと似合う人と似合わない人がいる奇妙な鞄でもある。

ある程度体格のよい人、ある程度貫禄がある人、

ある程度仕事に誇りをもつ風貌の人が持つと様になるが 

この「ある程度」が足りないと、

ダレスバッグに持て遊ばれているようで、何故か様にならない。

この「ある程度」とは何か?・・かなり微妙なのですが、

もし興味があったら、ぜひ考えてみてほしい。

果たして、あなたはダレスバッグが似合いそうですか?




<サイズ表示案内>
【A5サイズ】21.0×14.8cm【A5ファイルサイズ】24.2×15.8cm
【A4サイズ】29.7×21.0cm(大型雑誌等)【A4ファイルサイズ】32.3×24.0cm
【A3サイズ】42.0×29.7cm【A3ファイルサイズ】43.5×31.2cm
【B5サイズ】25.7×18.2cm(一般週刊誌等)【B5ファイルサイズ】29.3×20.5cm
【B4サイズ】36.4×25.7cm【B4ファイルサイズ】37.9×27.2cm





[このページのトップに戻る]



| ダレスバッグ倶楽部 | ダレスバッグ倶楽部 | T教授の愛用鞄 | オーダーメイドダレスバッグ | オーダーメイドダレスポーチ | ラスト・プライス | ニッポンかばんドットコム |ダレスバッグカフェ |エスプリ・ド・ブルメール:PREMIUM SHOP
| 鞄の歴史 | 皮革の種類 | 皮革のできるまで | 皮革のお手入れ | | 業界NEWS | 業界直言「これでいいのか?」 | エピソード「ダレスバッグ」 | エッセイ「手記:鞄屋」